ニキビにも種類がある?

 

ニキビ,種類

 

ひと口にニキビと言っても、全く同じとは限りません。できてしまったニキビがどんな種類のニキビなのかを知ることで、対処方法がわかってきます。

 

 

大まかに5つに分けてみました

 

「白ニキビ」って、聞いた事がありますか?初期の段階のニキビで、余分な皮脂や老廃物が毛穴に詰まってしまっています。一見ニキビのように見えないこともありますが、白ニキビもニキビには変わりありません。

 

この時に、しっかりと対処しておくと、炎症を引き起こすことなくニキビを治療することができます。白ニキビは顎や口の周り、おでこにできやすいのが特徴です。

 

毛穴の中に角質が溜まり続けると、酸化をして肌にダメージを与えます。酸化した角質が「黒ニキビ」に変化すると言われています。黒ニキビといえどもまだ初期段階です。早めに適切なケアをしましょう。

 

食生活や睡眠が極度に乱れてしまうと、「赤ニキビ」ができやすくなります。肌を守るために分泌される皮脂が、過剰に出てくるために毛穴につまり赤ニキビを作り出します。

 

赤ニキビになってしまうと、治すまでに少し手間が掛かります。それでも正しいニキビケアを続けていけば、きれいに治っていきます。

 

「黄ニキビ」になってしまうと、ニキビが炎症をして膿んできます。黄色の膿が溜まって、痛みも伴います。自己流でケアをしてしまうと、余計に悪化させたり、後に残ってしまうこともありますので注意が必要です。

 

「紫ニキビ」は、一番跡に残りやすいので最も気をつけたいニキビです。肌ケアだけではなく、体内から老廃物をしっかりと出し、長期的に治療していく気持ちが必要です。

 

いきなり、紫ニキビが出ることはありません。早め早めにケアをすることで、手ごわいニキビになる手前で治していきましょう。