ニキビの原因と治し方とは?

 

ニキビ,原因,治し方

 

ニキビは身体や素肌からのサインでもあります。ニキビができてしまったら、食生活や生活スタイルを見直すチャンスです。

 

 

もちろん余分な皮脂と汚れは大敵です

 

ニキビの主な原因は毛穴に詰まってしまった、余分な皮脂と汚れです。長い間、毛穴の中に溜まり続けると、ニキビの大きな原因になるアクネ菌が増え始めます。肌に住んでいる細菌のバランスが崩れだすと、普段は善玉菌でも悪玉菌でもなかった日和見菌が一気に悪玉菌の見方をしだします。

 

アクネ菌のエサとなる、老廃物を毛穴からなくし清潔にすることがニキビ治療には欠かせません。ただ、素肌を清潔にするだけでは対処できないことがあります。それは肌は私たちの体の一部であり、体の中のバランスが崩れることで、ニキビなどの肌トラブルとなって表れるからです。

 

 

身体からのサイン

 

ストレスが長く続くとホルモンバランスに影響してきます。自分では少しの無理をしているつもりでも、体の中では劇的な変化が起こっていることがあります。長期的なストレスがニキビとなって表れます。正しい洗顔とスキンケアをしていても、体内のバランスが崩れてしまうとニキビを防ぐことができません。

 

同じように、食生活が乱れたり、規則正しい睡眠が取れていない状態が続くことでも、ニキビとなって表れます。しっかりと肌ケアをしているのに、ニキビが急にできてしまったという人は、自分の生活スタイルを振り返ってみましょう。きっと何か原因となることが思い当たるのではないでしょうか?

 

顔にできてしまったニキビは、たとえ人に気づかれなくても、とても気になるものです。すぐに治したいとの思いから、強い薬を使ったり、無闇に潰したくなることもあります。

 

そんな時でも、ちょっと待ってみてください。体が疲れていることをニキビとなって教えてくれているのかもしれません。正しい肌ケアと一緒に、ゆったりする時間、好きなことをする時間を心がけてみませんか?